ヤマト社員はモノを運ぶ道具までのツナギです。

いずれセールスドライバーが荷物を宅配する仕事は無くなります。

今は、そのイノベーションが起きるまでの”つなぎの期間”で、最も人が苦労している時期なんです。

ヤマト運輸の宅配現場の労働負荷が限界に達している。労働時間の長さが問題だが、その内容の変化も見逃せない。営業で荷物を集めてくるより、荷物の宅配に追われ、単調な仕事が多くなっている。ヤマトは仕事の量と質をどのように変えるのか。

情報源: ヤマト社員「我々はモノを運ぶ道具なのか」

“ヤマト社員はモノを運ぶ道具までのツナギです。” の続きを読む